HWAM(ワム)について
HWAM(ワム)のポリシー
デンマークの薪ストーブ工場
HWAMについて

HWAM(ワム)について

北欧デンマークの地図 デンマークの街並み
デンマーク第二の都市、オーフス

Background, Family and History

 北欧の国、デンマーク王国本土のユトランド半島で一番大きな都市、オーフスという港町からほど近いホーニングにHWAM(ワム)の本社と工場があります。総勢約200人が働くHWAM(ワム)社の近代的なガラス張りの外観からは、デザインへのこだわりが伝わってきます。

オイルショックを機に

HWAM(ワム)初期のストーブ
1973年、先代の社長であるVagn Hvam Pedersen(ヴァン・ヴァム・ペデルセン)は換気設備の工場を創業します。ちょうどその頃世界を襲ったオイルショックにより、石油の値段が高騰、そこで彼は石油に頼らない暖房器具としての薪ストーブに着目しました。1976年、家具デザイナーAnders C. Fasterholdtと組み、今までにない新しいデザインと機能をもちあわせたストーブを作り上げます。それが初代”ABCストーブ”です。彼らは業界で初めてストーブを技術研究所へ試験を依頼し、その耐久性、安全性、効率の良さを証明しました。1980年には輸出を開始するとともに、さらなるデザイン性・機能性の向上を目指していくことになります。

セラミックガラスの採用

 例えば、HWAM(ワム)は、極めて透明度の高いセラミックガラスをストーブのドアに使用しています。曇りのないガラスに映し出される美しい炎が、彼らのストーブには不可欠だと判断したためです。透明度のより高い、高品質で耐熱性の高いガラスを採用するため、世界でもトップクラスの技術を持つ耐熱ガラスメーカーであるドイツのSchott(ショット)社と協力。開発を重ねた結果、現在のHWAM(ワム)ストーブに見られる、まるで“スクリーンのような”ガラスを創ることに成功しました。

HWAM(ワム)の薪ストーブセラミックガラス
HWAM(ワム)の初代ABCストーブ
初代ABCストーブ。

機能とデザインのさらなる向上をめざして

 1980年半ばには、空気調整を自動で行うHWAM Automatic™(ワムオートマティック)を開発し、スカモレックスを燃焼室に採用し燃焼効率を上げるなど、安全性と環境性能が求められ始めた薪ストーブ業界にいち早く革新をもたらしたのです。
また、デンマーク国内から精鋭のデザイナーを招待し、革新的なデザインを取り入れる一方、機能面でも研究を重ねます。その品質の高さと優れたデザイン性に注目が集まるようになり、数々の世界的なデザインアワードを受賞するまでになりました。

HWAMと日本のこれから

 現在は二代目のStephen Hvam Pedersen(ステファン ヴァム ペデルセン)が社長となり、年間およそ40,000台の薪ストーブを生産するまでになりました。市場もヨーロッパをはじめ、北米、アジアにも販売を拡げています。
 私たちがHWAM(ワム)のストーブに出会ったのは2005年。そのデザインと機能性には強く惹かれたのですが、当初はクラシカルデザインが圧倒的多数を占める日本市場には、HWAM(ワム)の近代的なデザインはまだ受け入れられないのではと考えていました。しかしStephenからの強い要望と、そのHWAM(ワム)の魅力に賭け、2年後の2007年、輸入を開始したのです。はじめの心配をよそにHWAM(ワム)のストーブはデザイナーや感度の高い方の支持を受け、その名を知られることとなりました。現在、私たちは日本のほか北米、中国、香港、韓国など、新しい市場の開発に力を注いでいます。

HWAM(ワム)の2代目社長、Stephen(ステファン)
HWAM二代目社長、Stephen
(c)Copylight 2006 HWAM japan, All Rights Reserved.