HWAM(ワム)のデザイン&デザイナーズ

HWAM(ワム)のデザイン&デザイナーズ

デザインの国、デンマーク。

 デザイン性と機能性、そのどちらも兼ね備えたDanish Designの良き伝統を受け継いだHWAM(ワム)の薪ストーブは、著名なデザイナーとのコラボレーションによる芸術作品とも言えるでしょう。

 フリッツ・ハンセンやルイス・ポールセンなどデンマークの著名なブランドと同様に、実力派デザイナーを招きデザインを依頼するというプロセスで創られているHWAM(ワム)の薪ストーブ。
数々のデザインアワードを受賞している彼らは、すべてデンマークのデザイナーです。そのデザイナーのこだわりを形にできる高い技術を持った職人とのパートナーシップが、HWAM(ワム)のストーブを創り出しているのです。

HWAMのデザイナーたち

Christina Strand & Niels Hvass

Christina Strand & Niels Hvass

デザインで生活や環境を豊かに。

コペンハーゲンの中心地、デンマークのデザインや流行の発信地Rosenvæn通りに、明るく広々としたStrand+Hvass Design Studioはあります。
2002年、『デンマーク皇太子のための椅子』をデザインするために開かれたコンペディションで、イージーチェア『REX』をデザインし、見事6人のデザイナーの中から優勝しました。この作品は日本でも2002年に“Good Design Award(グッドデザイン賞)”を受賞しており、マテリアルと機能性にこだわった作品は高く評価されています。彼らは言います。“デザインひとつで、人々の生活や環境、経験までも上質にすることができるのです。”
 デンマークの伝統と、斬新さ、インターナショナルな感覚がほどよくミックスされたStrand + Hvassの作品は、ますます私たちを楽しませてくれることでしょう。

Design for HWAM

HWAM(ワム)のreddot design award受賞薪ストーブ3320
Reddot design award受賞
HWAM(ワム)の薪ストーブI30/55とI30/65
デンマークのデザイナーChristina Strand & Niels Hvass
プライベートでもパートナーである2人は、共にデンマークデザインスクールを卒業。デザインスタジオを設立し、家具デザイナーとして国内外の数々のデザインアワードを受賞しています。
Henrik Sørig Thomsen & Tobias Jacobsen

Henrik Sørig Thomsen & Tobias Jacobsen

デンマークのデザイナーHenrik Sørig Thomsen & Tobias Jacobsen
家具、電化製品から工業製品など、デザインは多岐に渡ります。

Design for HWAM

HWAM(ワム)の薪ストーブ4600
HWAM(ワム)の薪ストーブ3630

遠くからも、近くからも美しく。

Henrik Sørig Thomsen(ヘンリック・スゥーリ・トマセン)と、Tobias Jacobsen(トビアス・ヤコブセン)のデザイナーチーム。
日本でも彼らが手がけたBang & OlfsenのTelephoneシリーズは、あまりにも有名です。そのコンセプトは、『遠くから眺めても近くから見ても、美しくあることが大切。』と、彼らが言うように、細部まで計算された、まるでアート作品を眺めている気分にさせてくれる、そんな作品を送り出しています。

Henrik Sørig Thomsen(ヘンリク・ソリッグ・トマセン)はアールボーグ大学にて社会学を学んだ後、大工業を学び、その後デンマークデザインスクールにてMAを取得 。1996年コペンハーゲンにデザインスタジオを設立し、現在はHWAM(ワム)本社のあるオーフスにスタジオを移転しています。
家具、電化製品から工業製品など、デザインは多岐に渡ります。

アルネ・ヤコブセンの遺伝子。

Tobias Jacobsen(トビアス・ヤコブセン)は、プロダクトデザイナー。セブン・チェアなど数多くの作品が有名なデンマークを代表するデザイナー、アルネ・ヤコブセンの孫にあたります。
ドイツで本格的な金細工の修業を積んだあと、デンマークに戻り、デンマークデザインスクールInstitute Of Industrial Designで学びました。デザイナーとしてジュエリーやカトラリーから建築、折りたたみ式選挙投票ブースのデザインまで幅広い分野で活躍。日本でも人気のIKEAの家具シリーズなど手頃なラインのデザインも手がけています。また、ヨーロッパをはじめ各地の大学やデザインスクールで、講師として教鞭を振るっています。

Anders C.Fasterholdt

Anders C.Fasterholdt

デザインと機能の融合。

1976年よりHWAM(ワム)創業者のVan Hvam Pedersenとともに、彼の良きパートナーとして、薪ストーブの開発に関わってきたAnders C.Fasterholdt(アナース.C.ファスタホルト)。今までにない新しいデザインの、クオリティの高い薪ストーブを開発しようと、デザインだけでなく、技術面でも重要な役割を果たしています。
記念すべき初代ストーブ、ABCストーブをはじめ、日本で発売されているVivaldi、Classic4のほか、HWAM3410、3420、3430、3440、Beethoven、Mozart、 Ravel、 Monetと数多くのストーブのデザインを手がけています。

キャビネット、家具デザイナーとして活躍していた彼は、ストーブは単なる暖房器具ではなく“インテリア”であり、だからこそソファやテーブル、椅子など他の家具と同じコンセプトでデザインされるべきという考えを持っています。
例えばつなぎ目のない滑らかで優しい丸みを帯びたライン。鋼板の溶接部分や表面の美しさなど、今やHWAM(ワム)のストーブにはスタンダードとなっている、非常に高度な仕上げの技術は、彼のデザインコンセプトを発端としています。ストーブが“機械”ではなく、“インテリア”として、生活に溶け込んでいくという、HWAM(ワム)社の理念を実現したといっても過言ではありません。 
一方で燃焼技術の開発にも深く関わっているため、ノウハウを知り尽くした製品造りで、HWAM(ワム)社の確固たる信頼を得ています。彼のモットーは『まず機能を優先させること。』
美しいだけのストーブを作るだけでは不十分。いかに良い状態で燃焼させるか、熱の放出と排気がうまくできるか、操作がスムーズかを検証した上で、それを最大限に活かせる、かつ美しいデザインを最後に彼は施すのです。

デンマークのデザイナーAnders C.Fasterholdt
HWAMの“生え抜き”デザイナー、Anders。

Design for HWAM

HWAM(ワム)の薪ストーブClassic4(クラシック4)
HWAM(ワム)の薪ストーブVivaldi(ヴィヴァルディ)
HWAM(ワム)の薪ストーブMonet H(モネH)
HWAM(ワム)の薪ストーブMonet H(モネH)
Aarhus Arkitekterne & SMT design

Aarhus Arkitekterne & SMT design

デンマークのデザイナーAarhus Arkitekterne & SMT design
家具、電化製品から工業製品など、デザインは多岐に渡ります。

Design for HWAM

HWAM(ワム)のReddot design award受賞薪ストーブWALL(ウォール)
Reddot design award受賞

歴史ある建築研究所。

 Aarhus Arkitekterneは、HWAM(ワム)社にほど近いオーフスの町にある、100年以上の歴史を持つ建築研究所です。彼らはオーフスで、サッカースタジアム、病院、図書館、複合マンションなど様々な建築に携わって来ました。現在はコペンハーゲンにもオフィスを持ち、建築・デザイン・プランニングなど幅広く手がけています。
『HWAM Wall(ワム ウォール)』のデザインには建築家 Mogens Kristensenが関わりました。

グローバルに活躍。

 SMT designは、その前身となる合資会社を1933年に創業、1984年には工業デザインとfurniture assignmentを経て、現在はデンマークのプロダクトデザイン会社として成長しました。医療器具、公立や個人の研究所、介護用品、養護ホームや公共機関まで、様々な分野のデザインを請け負っています。デンマーク国内だけでなく、ヨーロッパ各国やUSA、日本にもその製品は輸出されています。
デザイナーTorban Madsenが『Wall』のデザインに関わりました。

(c)Copylight 2006 HWAM japan, All Rights Reserved.