HWAMの新作、4600シリーズ発表。2015年9月発売予定。

4600シリーズ


HWAM Autopilot IHS との組み合わせによって、これまでにない体験をしていただくことになるでしょう。

優れたデザインと技術をより身近に。

デンマークのHWAMより、新作の4600シリーズが発表されました。
日本に到着するのは9月の見込みです。

新シリーズのデザイナーは、プロダクトデザイナーのヘンリック・スゥーリ・トマセンとトビアス・ヤコブセン。
B&O社など数々の世界的なブランドのプロダクトデザインに関わるかたわら、HWAM社においてはFigaro、3630などのデザインを手がけており、同社の信頼も厚いデザイナーです。

ワイドなガラススクリーンから映し出される美しくダイナミックな炎と、本体の奥行きを極限まで抑えてスペース効率を高めたデザインは、HWAMのモダンで丁寧な作りによってとても柔らかな雰囲気に仕上がっています。

HWAM4640 と、HWAM4660 にはフロント全面にガラス素材を採用した「m(モダン)」を標準とし、さらにサイドパネルに石材を組み合わせたモデルも用意しました。

日本で初めてとなる、HWAM Autopilot IHS 搭載モデルも同時発売となります。 定評ある従来の HWAM Autopilot のシステムをを大幅に見直し、電子化させたコントロールシステムで、クリーンな燃焼と低燃費に絶大な威力を発揮します。

HWAM4660mは、上部に幾重にもソープストーンを内蔵させた大容量のヒートストレージを持ち、長時間にわたる柔らかな放熱を感じることができます。



(c)Copylight 2006 HWAM japan, All Rights Reserved.